ウォーターサーバーのメンテナンス

一度使い始めると長く使うウォーターサーバーだからこそ、いつまでも清潔に衛生的に使い続けたいものです。

以前のウォーターサーバーの多くは、1年に一度の内部メンテナンスを必須としていて、なおかつ有料(3.000円~5.000円程度)のところがほとんどでした。1年に1度の内部メンテナンスを必須としている理由は、サーバーを使い続けることで、雑菌を含む空気が入り込みサーバー内部で繁殖し、衛生面に問題があったからです。

ただ、最近ではサーバー内部に入り込む空気を減らし、特殊なフィルターを通すことで雑菌を処理し、サーバー内部をクリーンな空気に保つシステムが開発されたため、上記のような手間のかかる定期メンテナンスが不要なサーバーが増えました。

サーバー内部を清潔に保つシステムの開発で、家庭ではサーバー外部のお手入れのみでいつでも清潔にお水を楽しめるようになっています。

正しいメンテナンス(お手入れ)方法

では、ウォーターサーバーを清潔に保つために家庭で出来るメンテナンス(お手入れ)方法をご紹介します。

蛇口とその周辺をふき取る(アルコール除菌)

温水や冷水が出る蛇口部分は、一番使用頻度の多い部分のため、気づいたときにアルコールをふきつけた清潔なふきんでふき取るようにしましょう。その際、お水が飛び散る蛇口の周辺部分も必ずふき取ります。

ウォーターボトルの差込部分をふき取る(ボトル交換時)

ウォーターボトルを新しく交換する時は、ボトルの差し込み部分をきれいにふきとりましょう。

サーバー本体の背面部分(ホコリ取り)

サーバー本体の背面部分はホコリが溜まりやすくなっています。気づいた時でいいですが、掃除機をかけているときについでに背面部分のホコリも吸い取っておくと安心です。

サーバー本体の外面部分(ふき取り)

サーバー本体の外面部分は放っておくと、ホコリや汚れや付着しやすいので、清潔なふきんで適度にふき取るようにしましょう。


お手入れの頻度は気になったときでいいですが、蛇口とボトルの差込口は雑菌が繁殖しやすい部分なので、できれば1日に1回はアルコール除菌すると安心です。

このページの先頭へ