維持費として考慮すべきウォーターサーバーの電気代

24時間いつでも冷たいお水や温かいお湯が飲めるウォーターサーバーですが、この状態を保つにはコンセントにつなぐ必要があり、当然のように電気代がかかります。

コンセントを抜いてしまうと、お水の劣化につながるため、基本的1日中電気代がかかるウォーターサーバー。ボトル料金やサーバー代だけでなく、維持費としてかかり電気代もウォーターサーバーを選ぶときの考慮に入れましょう。

では、ウォーターサーバーの電気代は1ヵ月でどのくらいかかるのでしょうか?

節電機能の向上で電気代が大幅ダウン!

ウォーターサーバーの1ヵ月の電気代はサーバーの種類や設置地域などで多少の誤差はありますが、月約1.000円程度とされています。同じく24時間コンセントにつないだ状態の電気ポットの月々の電気代が約1.000円とほぼ同じなので、冷水と温水の2役をこなすウォーターサーバーはかなりお得なことがわかります。

最近では、サーバーの節電機能が向上していて、ECOモードや省エネモードが付いたサーバーが登場しています。この機能が付いたサーバーの月々の電気代は、1ヵ月約400円~500円。従来のサーバーと比べると電気代を50%近くカットできるようになりかなりお得になっています。

【省エネモードがあるサーバーを採用しているウォーターサーバー
オーケンウォーター
クリティア
コスモウォーター
フレシャス

このページの先頭へ