ウォーターサーバーの衛生面での問題

ウォーターサーバーを長い期間使い続ける上で心配なのは、「水の劣化」と「サーバー内部の汚れ」だと思います。過去には、サーバーに通すと水の味が変わったり、「ボコッボコッ」と自動給水する時に空気中の雑菌がサーバー内に入り込むなどの問題ありました。

過去のウォーターサーバーは、ウォーターボトルからサーバーに自動給水するときに、外気も一緒にサーバー内に取り込んでいました。この空気中に含まれる雑菌がサーバー内部で繁殖し、水の劣化やサーバー内部の汚れにつながっていたと考えられます。

最新システム搭載サーバーの登場で、衛生面が劇的にアップ

しかし、現在ではサーバーに自動給水する時に外気が入り込まないようにする最新システム搭載のサーバーが登場し、上記のような衛生面での問題が改善されています。

このシステムは、雑菌繁殖の原因になる空気の入り込みを防ぐと同時に、わずかに入り込む空気を複数のフィルターを通すことで雑菌を処理し、お水やサーバー内部をクリーンに保つ画期的なシステムです。

このシステム搭載のサーバーの場合、年1回程度必ず必要な内部メンテナンスの必要がなく、簡単なセルフメンテナンスでいつでもきれいな状態を保つことができるのもポイント。水の劣化やサーバー内部の衛生面が気になるという方は、このシステムを搭載したサーバーを選ぶことをおすすめします。

【無菌システムを採用しているウォーターサーバー
オーケンウォーター
クリティア
コスモウォーター
フレシャス

このページの先頭へ