ウォーターサーバーのメリットとデメリット

3.11の震災以降、家庭でもウォーターサーバーの普及が増えていますが、実際にウォーターサーバーにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

家庭でウォーターサーバーを使用する際の、主なメリットとデメリットをまとめてみました。

ウォーターサーバーのメリット

重いペットボトルを運ばなくて済む

子供がいてお水を買いに行く暇がない時ご家庭や、高齢で重い荷物が持てない時、ウォーターボトルは宅配業者が玄関まで届けてくれるので、重い荷物を運ばなくて済む。

いつでも温水や冷水が飲める

必要なときに冷たい水や90度近い熱湯がいつでも飲める。お水を冷やしたり、お湯を沸かす手間が省ける。

冷蔵庫を占領する水のスペースが空く

冷蔵庫の中を占領しがちなお水を置くスペースが空くので、冷蔵庫の中に余裕ができる。

サーバー機能の向上で、最後までお水が衛生的に

サーバー内に雑菌を含む空気が入らないシステムを搭載したサーバーの登場で、水の劣化がする心配がなくなり、最後まで衛生的においしい水が飲める。また、このシステム搭載のサーバーは、サーバー内部のメンテナンスが不要。

ウォーターサーバーのデメリット

サーバー設置のスペースが必要

どんなにスマートなサーバーでも、設置するスペースを確保する必要がある。

最低購入本数などの制約がある

「注文は月に2本から」などの購入制限があるウォーターサーバーがほとんど。月の水使用量が少ない人には負担になる成約。

このページの先頭へ