お水の購入本数の目安

ウォーターサーバーの導入を考える時に、特に悩むのが「購入本数」です。ウォーターサーバーが初めての方なら特にどのくらいの本数が必要なのか迷ってしまいますよね。

ボトルを購入するときには“使用目的“と“使用人数”の2つのポイントを確認することが大切です。

まず、お水をどのような目的で使用するかということを確認しましょう。お茶やコーヒー、飲み水として使う方や、料理に使う方など、使用する目的によって月々に消費する水の量が大きく変わってきます。

何人で使用するのか、ということも購入本数を決める上で大切なのでしっかり確認しておきましょう。

飲み水のみの使用なら、1人1本(12L)が目安

お水の使用目的が、お茶やコーヒーを飲んだり、飲み水としてだけの使用なら、1人が1日コップ2杯(約400ml)飲むと仮定すると「400ml×30日=1200ml(12L)」となるので、1人1本(12L)が目安になります。

使用人数が1人の場合は1本、ご夫婦など2人暮らしなら2本という感じでシミュレーションしてみてください。

ただ、これはあくまでも目安ですし、季節や個人差によって使用する水の量は大きく変動します。

まずは一人1本計算で注文。様子を見て追加注文を

購入本数の目安をご紹介しましたが、やはり実際に使用してみないと、どのくらい水を使うのかはわからないと思います。ですので、まずは一人1本計算で注文した後、足りなくなったら追加注文をして、ご家庭のお水の使用目安を確認しましょう。

ウォーターサーバーのウォーターボトルは、追加注文するとお得になるものもあるので、そういったものを賢く利用しながらちょうど良い購入本数を見つけてみてください。

このページの先頭へ