ウォーターサーバーとは?

ウォーターサーバーとは、天然水やRO水が入ったウォーターボトルを専用のサーバーにセットすることで、いつでも冷たいお水や温かいお湯が飲める機器のことをいいます。

昔は、ウォーターサーバーといれば企業や公共機関などで使用されているイメージが強かったですが、最近では、健康ブームや災害の影響からお水への関心が高まり、一般家庭への普及率も増加しています。

ウォーターサーバーは、安全でおいしいお水がいつでも簡単に楽しめることから、小さなお子さんがいる家庭や高齢の方まで、幅広い層の家庭で使われいます。ウォーターボトルがなくなれば、宅配業者が玄関まで届けてくれるので、重たいペットボトルを運ぶ負担もなくなります。

安全でおいしいお水が冷水・温水でいつでも飲める

ウォーターサーバーの最大の魅力は、衛生的で安心なおいしいお水がいつでも簡単・手軽に楽しめるところです。

ウォーターボトルをサーバーにセットすれば、自動で給水し、冷たいお水をそのまま飲むこともできますし、温かいお湯がすぐに使えるので、お茶やコーヒー、インスタント食品を楽しむこともでき、使い方は色々あります。

買ってきたお水をいちいち冷蔵庫で冷やしたり、ポットでお湯を沸かす手間が省けるのも、ウォーターサーバーの魅力のひとつでしょう。

実はお得なウォーターサーバー

「ウォーターサーバーは便利そうだけど、価格が気になる」という方もいるでしょう。 ウォーターサーバーを使用するには、ボトル代・サーバー代・送料など使用する時に必要な費用があり、トータルすると結構高そうというイメージを持っている方も少なくないのではないでしょうか?

ウォーターサーバーを選ぶときに一番気になるのが、お水の料金だと思います。実は、ウォーターサーバーのボトル料金は一般的に12L1.500円前後とされていて、500mlのペットボトルに換算すると約60円程度になります。市販のペットボトルが100円前後なので、ウォーターサーバーのボトル代がお得なのがお解りいただけると思います。

また、最近ではサーバー代や送料が無料のものも多く、かかる費用がボトル料金のみだとすると、月々の費用はかなりお得になります。

1台のウォーターサーバーで、冷水にも温水にも出来ることを考えると、総額費用の面でも実はかなりの節約になります。

このページの先頭へ