月額費用ランキング

天然水を取り扱うウォーターサーバーを、「ボトル料金」+「サーバー料金」+「電気代」を合わせた“月額費用”で比較しました。

ウォーターサーバーの選び方

初めてウォーターサーバーの購入をお考えの人に。賢くウォーターサーバーを選ぶポイントとは?安くて家計に優しいウォーターサーバーの選び方を解説します!

天然水ウォーターサーバーランキング

アクアセレクト モンドセレクション優秀品質金賞!天然水最安値NO.1!

アクアセレクトの公式サイト
アクアセレクトのサーバー

  • 天然水の中でどこよりも安いボトル料金
  • 11年連続、品質日本一に輝いた宮川の水
  • 2014年モンドセレクション優秀品質金賞受賞
  • サーバー料金永久無料
  • 放射線影響のない西日本の水&放射線検査済み
  • 全国対応&全国送料無料(一部地域除く)

水の種類 【天然水】伊勢神宮・宮川の水
ボトル料金 11.35L 1,343円  追加ボトル 11.35L 1,148円
注文制限 1回の注文あたり2本単位
サーバー料金 無料
送料 全国配送料無料(沖縄、北海道、離島は有料)
ボトル回収 配達員が回収
メンテナンス 1年1回推奨→3,090円
対応エリア 全国対応
詳細はこちら公式サイトアクアセレクトの公式サイト

コスモウォーター 累計90万台突破の人気天然水ウォーターサーバー!

コスモウォーターの公式サイト
コスモウォーターのサーバー

  • 選べる4種類の天然水
  • 全国配送料0円
  • 足元で簡単ボトル交換
  • 省エネ設計で電気代を従来の約30%以上カット
  • 2つの衛生対策でいつでもクリーンなお水
  • 全国送料無料(一部地域除く)

水の種類 【天然水】富士の響き、日田の誉、古都の天然水、富士の微笑み
ボトル料金 12L 1,760円~
注文制限 1回の注文につき2本単位
サーバー料金 無料
送料 配送料無料
ボトル回収 ボトル回収不要
メンテナンス メンテナンス不要
対応エリア 本州・四国・九州
詳細はこちら公式サイトコスモウォーターの公式サイト

オーケンウォーター 選べる天然水と最新システム搭載のサーバーが人気!

オーケンウォーター公式サイト
オーケンウォーターのサーバー

  • 選べる4種類の天然水
  • 豊富なデザインから選べる無料サーバー
  • 追加ボトルも全部配送料無料(北海道を除く)
  • 無菌エアシステムでメンテナンス不必要
  • 業界最高標準の節電機能で電気代をECO化

水の種類 【天然水】富士のバナジウム天然水、大分・日田天領の銘水、京都・丹波の銘水、島根・金城の華
ボトル料金 12L 1,760円~
注文制限 月2本から
サーバー料金 無料
送料 全国配送料無料(一部地域除く)
ボトル回収 エコボトルのため回収不要
メンテナンス メンテナンス不要
対応エリア 全国対応(沖縄、離島を除く)
詳細はこちら公式サイトオーケンウォーターの公式サイト

クリティア 毎日の放射線量測定と非加熱処理で安心・安全・おいしい!

クリティアの公式サイト
クリティアのサーバー画像

  • 地下に流れる原水を産地直送
  • 2つの国際的な審査機関で認められた品質と味
  • 使い切りボトル採用で回収の手間が不要
  • サーバー料金永久無料
  • 毎日の放射線量測定
  • 全国送料無料(一部地域除く)

水の種類 【天然水】富士山のお水、金城のお水、阿蘇のお水
ボトル料金 12L1,750円 10L1,479円
注文制限 月2本から
サーバー料金 無料
送料 全国配送料無料(一部地域除く)
ボトル回収 使い切りボトルのため回収不要
メンテナンス セルフメンテナンス
対応エリア 全国対応(沖縄・離島を除く)
詳細はこちら公式サイトクリティアの公式サイト

フレシャス  デザイン性の高いサーバーと軽量ボトルが女性に人気!

フレシャスの公式サイト
フレシャスのサーバー画像

  • 選べる2種類の天然水
  • 軽くて交換がラクな7.2Lボトルを採用
  • お部屋になじむデザイン性の高いサーバー
  • セルフクリーン機能搭載サーバーが無料
  • 無菌エアレスウォーターパック採用で衛生的

水の種類 【天然水】FRECIOUS富士、FRECIOUS木曽
ボトル料金 7.2Lパック1,050円~ 4.5L 810円
注文制限 7.2L→1箱4パック単位 4.5L→1箱6パック単位
サーバー料金 無料
送料 配送料無料(地域によって異なる)
ボトル回収 エコパック採用でボトル回収不要
メンテナンス メンテナンス不要
対応エリア 全国対応(沖縄、離島除く)
詳細はこちらフレシャスの公式サイト

安いウォーターサーバーの賢い選び方

安全でおいしいお水が家庭で手軽に楽しめるウォーターサーバー。

ポットでお湯を沸かす手間が省けたり、冷蔵庫でお水を冷やす必要ないため、かしこく利用すれば家計にも優しく、エコにもなります。

ウォーターサーバー選びに迷った時は、サーバー代やボトル料金だけではなく、その他に必要なコストを含めた“総額費用”で比較してみましょう。

ウォーターサーバー選びのポイント

  • ウォーターボトル代
  • サーバー代
  • 送料
  • 電気代
  • メンテナンス料金
  • 最低注文本数
  • 配送地域

ウォーターサーバーを選ぶときにまずチェックするポイントは“月額費用”です。ボトル料金が安いウォーターサーバーでも、サーバー代や送料、電気代などを含めた月々のコストを総合的に比べるのが、失敗しないウォーターサーバー選びのコツです。

費用のチェック以外にも、自分の住んでいる地域に配送可能可能はどうかは必ずチェックしましょう。また、基本的に送料無料でも、一部地域で有料の場合もあるので、忘れずに確認します。

また、ボトル1本あたりの価格が安くても、1回の注文に対しての最低注文本数が各社で異なります。基本的に1回の注文につき2本単位での発送ですが、3本単位や4本単位の場合もあります。この場合、月の使用本数が少ない家庭では損になる可能性があるので、契約する前に“最低注文本数”を必ずチェックしておくことが大切です。

以上のようなチェックポイントをふまえた上で、ライフスタイルや使用目的に合ったウォーターサーバー選びをしましょう。

このページの先頭へ